節分の意味と意外な由来!豆まきと鬼は実は関係なかった!?

????????
〈スポンサードリンク〉
  毎年2月4日ごろは節分ですね。   「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒いて、   歳の数だけ豆を食べる厄除けを行いますよね。 &nb...

 

毎年2月4日ごろは節分ですね。

 

「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒いて、

 

歳の数だけ豆を食べる厄除けを行いますよね。

 

それに玄関先には柊イワシを飾ったり。

 

なかなか楽しいイベントが盛りだくさんです。

 

しかしながら、

 

「なんで節分っていうの?」

 

「なんで2月4日頃なの?」

 

「なんで豆を撒くの?」

 

「なんで歳の数だけ豆を食べるといいの?」

 

「なんで玄関に柊イワシを飾るの?」

 

などなど、正直言ってあまり理解できていないことが多いですよね。

 

そのため、今回は、

 

「なんで節分っていうの?」

「なんで2月4日頃なの?」

「なんで豆を撒くの?」

 

という疑問を解消すべく、

 

節分の由来と豆撒きの理由について詳しく書いていきたいと思います。

 

昔ながらの祭事には諸説あるため、これが絶対だとは言い切ることはできませんが、

 

こんな説がある!ということを知っておいて損はないと思います!

 

節分の意味と意外な由来!豆まきと鬼は実は関係なかった!?

 

せつぶん2

 

節分とはなんなのか?

 

節分とは、その字のとおり、元々は季節の分かれ目を意味しており、

 

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれの前日を指していました。

 

(また、これらは中国の戦国時代の頃に、太陰暦による季節のズレを正すために考案された二十四節気の1つです)

 

では、節分が立春の前日(2月の4日頃)を指すようになったのはなぜなのか?

 

これは昔、冬から春になる時期を1年の境とし、現在の大晦日と同じように考えられていたためです。

 

〈スポンサードリンク〉

 

なぜ節分のときに豆を撒くのか?

 

立春の節分に豆をまく「豆まき」は

 

はるか昔、中国から伝わった「追儺(ついな)」と呼ばれる儀式がもとになった風習なのです。

 

※参考動画

 

追儺は、「鬼やらい」「なやらい」「鬼走り」「厄払い」「厄落とし」「厄神送り」とも呼ばれ、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式で、

 

706年(飛鳥時代)文武天皇のときに宮中(天皇の住む宮殿の中)で初めて行われたとされています。

 

しかし、追儺では、「豆撒き」自体は行われていませんでした。

 

「豆撒き」というのは、古代漢民族のもっていた大豆を用いた呪術を受け継いだものといわれています。

 

穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっていると考えられていた信仰です。

 

また、穀物の中でも豆を用いた理由として、豆(まめ)=魔滅、魔目とする語呂合わせによるものだという説明もあります。

 

そうしてこれら3つの事柄、

 

  • 節分の時期の重要性
  • 追儺による鬼払いの儀式
  • 豆を撒くことによる魔除け

 

がいつのまにか混同され、いまの「節分の豆撒き」になっていったのです。

 

なぜ、払う相手が「鬼」なのか、その点も気になるところですが、

 

長くなってしまいますので、ここでは説明しないことにします。

 

また、これらの儀式や祭事についてさらに詳しく知りたい方は、

 

こちら→「追儺考」というサイトに詳しく記されていますので、

 

ぜひご覧ください。

 

おわりに

 

くしゃみ3

 

いかがでしょうか。

 

少しでも節分について理解を深めることができましたら幸いです。

 

よくこのような祭事の説明は、「昔から〜と言われていたから」ということが多いと思いますが、

 

古くからそう言われてきたのはなぜなのか?

 

どこでそのようなことが行われていたのか?

 

などが分からないと、結局煙に巻かれた感じになってしまい、腑に落ちませんよね。

 

筆者もその点に注意しながら記事を書くように気をつけてまいりたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ではでは、今回はこのへんで!

〈スポンサードリンク〉
PREV:アウトドアでよく聞くレイヤリングとは?その意味を分かりやすく!
NEXT:節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える①
節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える①

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える①

節分の柊いわしの作り方と飾り方!簡単・美味しい塩焼きにしよう!

節分の柊いわしの作り方と飾り方!簡単・美味しい塩焼きにしよう!

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える①

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える①

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です