節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える①

ひいらぎ2
〈スポンサードリンク〉
  毎年2月4日ごろは節分ですね。   「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒いて、   歳の数だけ豆を食べる厄除けを行いますよね。 &nb...

 

毎年2月4日ごろは節分ですね。

 

「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒いて、

 

歳の数だけ豆を食べる厄除けを行いますよね。

 

それに玄関先には柊イワシを飾ったり。

 

なかなか楽しいイベントが盛りだくさんです。

 

しかしながら、

 

「なんで節分っていうの?」

 

「なんで2月4日頃なの?」

 

「なんで豆を撒くの?」

 

「なんで歳の数だけ豆を食べるといいの?」

 

「なんで玄関に柊イワシを飾るの?」

 

などなど、正直言ってあまり理解できていないことが多いですよね。

 

試しに柊(ひいらぎ)イワシについて調べてみると、

 

「柊のトゲを鬼が嫌がる」「イワシの匂いを鬼が嫌がる」

 

というような内容がそこかしこにありました。

 

しかしながら、昔はイワシではなく、ボラを使用していたという記述も見られます。

 

そうすると、

 

ボラの匂いも嫌がるの、鬼?

 

それなら小さめの魚ならなんでもいいんじゃ?

 

だいたい柊のトゲを嫌がるのは分かるけどイワシを刺す必要あるの?

 

なんて天邪鬼的な思考に陥り、これって本当なの?

 

と考えてしまう筆者です…

 

ということで、今回は、

 

柊イワシの元々の意味と由来は本当に鬼避けのためだったのか?

 

を考えていきたいと思います!

 

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える①

 

ひいらぎ3

 

柊イワシ(柊鰯)とはそもそもなにか

 

「柊イワシ」は、節分のとき門口に柊の小枝と焼いたイワシの頭を挿す風習のことをいいます。

 

一般的には、昔から季節の変わり目である節分には邪鬼が訪れるとされており、

 

鬼はイワシの頭の匂いを嫌って近寄らず、

 

仮に近寄っても柊の葉のトゲで目を突かれるため嫌がって逃げていくといわれています。

 

昔はイワシではなくボラを挿していた

 

柊に魚の頭を挿す風習は、もっとも古い記録で935年からあり、

 

少なくとも平安時代から現代まで1000年以上に受け継がれているものになります。

 

平安時代の土佐日記にもその記述(下記画像)が残っており、

 

ひいらぎ1

 

「こへのかどのしりくべなはのなよしのかしらひひらぎらいかにぞとぞいひあへなる」

 

という文言が記されています。

 

これを漢字に直すと、

 

「小家の門の端出之縄の鯔の頭、柊らいかにぞ。とぞいひあへなる」

 

となり、

 

出之縄(しりくべなわ)はしめ縄のことで、鯔(なよし)はボラの子のことを指しています。

 

〈スポンサードリンク〉

 

江戸時代の記述ではいつの間にかボラがイワシに

 

江戸時代・明治時代にも柊イワシの記述が残っており、

 

江戸時代の記述には、

 

1) 古今要覧稿 時令

中むかしよりは鯔をいはしにかへ用ゐたりしは藤の為家郷の歌に、ひひらぎにいはしをよみ合せ給へるものによれば、是も六百年前よりの事なり、

2) 倭訓栞 中編 二十一

ひひらぎ 信濃は雪国にてひひらぎなきをもて、いわしまめがらを用ひ、木曾のあたりはもみの葉を用う

 

 

とあり、明治時代では、

 

3)古事類苑 歳時部十九

{歳時故実大概十二月} 節分 立春の節の前日なり 今宵門戸に鰯のかしらと柊の枝を挿て邪気を防ぐの表事とし、

 

(※これらの記述の引用元:http://www.h4.dion.ne.jp/~ishii/old/old_literat.htm

 

というように、いつの間にかボラがイワシに代わっているのが見てとれます。

 

これは一体なんでなんでしょう。

 

つづく

 

TPP3

 

少し長くなってしまいそうですので、

 

そもそもボラを柊に挿していた理由はなんなのか?

 

なぜボラがイワシに代わってしまったのか?

 

については、その②

 

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

 

で考えていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ではでは、今回はこのへんで!

〈スポンサードリンク〉
PREV:節分の意味と意外な由来!豆まきと鬼は実は関係なかった!?
NEXT:節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②
節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

節分の意味と意外な由来!豆まきと鬼は実は関係なかった!?

節分の意味と意外な由来!豆まきと鬼は実は関係なかった!?

節分の柊いわしの作り方と飾り方!簡単・美味しい塩焼きにしよう!

節分の柊いわしの作り方と飾り方!簡単・美味しい塩焼きにしよう!

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

節分の柊いわしの意味と由来は本当に鬼避け?別のいわれを考える②

節分の意味と意外な由来!豆まきと鬼は実は関係なかった!?

節分の意味と意外な由来!豆まきと鬼は実は関係なかった!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です