モンベルのダウンを実際に着てみたので口コミ評価!感想とオススメは?

モンベル1
〈スポンサードリンク〉
冬、といえば皆さん、アウターは何を着ていますか?   ダウン、MA-1、チェスターコート、Pコート、モッズコート…etc   色々なアウターがありますよ...

冬、といえば皆さん、アウターは何を着ていますか?

 

ダウン、MA-1、チェスターコート、Pコート、モッズコート…etc

 

色々なアウターがありますよね。

 

そんな中でも街中でよく見かけるのが、

 

「ダウン」。

 

中綿がフワッフワで圧倒的な保温力を誇っていますよね。

 

ユニクロなんかも安いし、あまりデザイン性を求められないのもあって人気があるのでしょうか。

 

アウトドアで使用する際なんかは、軽くて携行性にも優れているので、

 

冷えてきた時の中間着としての役割も担っていますよね。

 

そんなこんなで今回は、「ダウン」についてのまとめです!

 

アウトドアブランドであるモンベルのダウンについて、

 

今季販売されているものを筆者が実際に着てみましたので、

 

その評価をまとめてみたいと思います。

 

人気のあるモンベルダウンですので、気になる方もきっと多いはず!

 

モンベルのダウンを実際に着てみたので口コミ評価!感想とオススメは?

 

暖かさの順番にレビューしていきます。

 

プラズマ®1000ダウンジャケット

 

モンベル2

 

モンベルのダウンの中で最軽量を誇るこのダウン。

 

ダウンの品質を表すフィルパワーは1000。

 

軽量性と保温力を両立させた商品です。

 

と言ってもレディースウェアだと、次に紹介するEXライトダウンシリーズが一番軽いみたいですが笑

 

とにかく、着てみると本当に軽いです。

 

普通の人なら

 

「なにこれ?軽すぎるけど本当に暖かいの?」

 

っていうくらい軽いです。そして薄いです。

 

しかし、軽量ながらその保温力は侮るべからず。

 

最高級のグースダウンを使用しているので、軽いのですが保温力もありました。

 

さすがに冬のアウトドアのアウターとしては厳しいと思いますが、

 

何よりも軽さを求める!

 

中間着として使いたい!

 

という方にオススメです。

 

ただ、気になるお値段はメンズだと25,400円となかなかします。

 

EXライトダウンシリーズ

 

モンベル3

 

ジャケットタイプとベストタイプが販売されているこちらの商品。

 

フィルパワーは900。

 

筆者はジャケットタイプを着てみました。

 

お値段は18.800円

 

着た感じ軽さはさすがにプラズマ®1000までとはいきませんが、軽いです。

 

というか体感じゃあまり分かりません。

 

あと、シャルトルーズというカラーのものを見ていただくと分かりますが、

 

全体的に色がダークです。

 

ちょっとくすんだ色といった感じで、渋めのカラーになっていると思います。

 

スペリオダウン®シリーズ

 

モンベル4

 

こちらはフード付き、ジャケット、ベスト、Tシャツの4タイプがある商品。

 

フィルパワーは800。

 

お値段13.200円。

 

色使いも2色づかいとなり、これまで紹介してきたものとは、デザイン性が異なります。

 

重さとフィルパワーの他に、帯電防止の機能も備えており、静電気を軽減してくれます。

 

こちらもジャケットタイプを着てみると、

 

上の2つよりは少しモコモコしてて、保温力も高そうな感じ。

 

しかしながら店員さんに聞いてみると、保温力は大差ないとのこと。

 

お値段の違いは軽量性に現れているようです。

 

U.Lダウンシリーズ

 

モンベル5

 

こちらはジャケットタイプのみの展開。

 

フィルパワーは800。お値段は12.000円。

 

重さはスペリオダウンジャケットより少し軽いくらいです。

 

モコモコ度はスペリオダウンと一緒くらいでしょうか。

 

中間着に最適なシリーズと謳われており、

 

生地の光沢が抑えられていたり、

 

普通のジッパー式ではなく、ボタンで前側を留める感じなので

 

確かにアウターを着た時にゴワつきにくくなっている感じはします。

 

ライトアルパインダウンシリーズ

 

モンベル6

 

ジャケット、パーカ付き、ベストタイプがある商品。

 

フィルパワーは、800。お値段はジャケットタイプで14.600円です。

 

スペリオダウンシリーズのようにこちらも帯電防止機能が付いており、

 

静電気を軽減してくれる仕様になっています。

 

いざ着てみると、これまでご紹介した商品に比べて、全体的に光沢感が抑えられている感じでした。

 

ダウンのフワフワ感といい、見た目といい、インナーウェアというより、

 

アウターウェアという感じでしょうか。

 

普段使いのアウターにもちょうど良さそうな質感と暖かさでした。

 

携行性も良さそうなので、アウターの保温着として、アウトドアで使用できそうです。

 

EXライトアルパインダウンジャケット

 

モンベル7

 

こちらはジャケットのみの展開のようです。

 

フィルパワーは900。お値段は26.477円という刻んだ値段。

 

男女兼用で、着た感じはライトアルパインダウンシリーズより少し軽く、よりフワフワ感が増した感じでした。

 

店員さんに聞いてみると、

 

生地の縫い目を箱マチ型のようにする「ボックス・コントラクション」という仕様により、

 

ダウンのかさが増しているのだとか。

 

ライトアルパインダウンシリーズより軽くて、保温性に優れているのでその分お値段も上がっているわけですね。

 

アルパインダウンジャケット・パーカ

 

モンベル8

 

こちらはジャケットとパーカタイプの2展開。

 

フィルパワーは800。お値段はジャケットタイプで、17,700円でした。

 

EXライトアルパインダウンジャケットと同様の「ボックスコントラクション」仕様により、

 

着た感じ、結構なモコモコ感です。

 

EXライトアルパインダウンジャケットは高くて手が出ないけど、

 

アウトドアで使用する防寒具を買いたい、といった方はこちらの方をオススメします。

 

かなり暖かいです。

 

パーマフロスト ライトダウンパーカ

 

モンベル9

 

これまでのダウンとは一線を画すこの商品。

 

なんと、「ウインドストッパー®ファブリクス」という完全防風・防滴素材を用いていました。

 

フィルパワーは800。お値段は、22,800円。

 

見た目はこれまでのダウンよりザラザラした感じ。

 

着てみると、モコモコ感はEXライトアルパインダウンやアルパインダウンと同じくらいで、

 

さらに完全防風が付いているので、軽量コンパクト性を重視しなければ、

 

こちらのダウンの方が、冬のアウターとしては良さそうです。

 

それに、色使いなどデザインの面でも一番かっこいい商品だと思います。

 

パーマフロスト ダウンパーカ

 

モンベル10

 

こちらはパーマフロストライトダウンパーカをグレードアップしたような商品。

 

フィルパワーは800。お値段は27,800円。

 

もちろん「ウィンドストッパー®ファブリクス」素材を用いていますので、完全防風です。

 

重さは528グラムで、パーマフロストライトダウンに比べると100g重くなっています。

 

着た感じはもう、これさえあれば何もいらない、というくらい暖かかったです。

 

北海道でもかなり寒い地方に住んでいる方などは、このダウンをアウターとして着てみるといいかもしれません。

 

ただ、普通の登山などアウトドアで使用するには、デカイし、重いし向いていないのかな、と思います。

 

〈スポンサードリンク〉

 

オススメは一体どれなのか?

 

上でご紹介したダウンのほかにも、

 

「ベンティスカダウンジャケット」

 

「ポーラーダウン パーカ」

 

といった商品があるのですが、こちらになると極地用のダウンウェアとなりますので、

 

ここでレビューはしないことにします。

 

さて、モンベルで販売されている様々なダウンウェアの特徴と

 

着た感じをこれまでご紹介してきましたが、

 

正直言って結局どれがいいの? といった感じですよね。

 

ですので、ここでは携行性・保温力・デザインの3つの項目において

 

オススメのダウンを3位までランキング化したいと思います。

 

携行性でオススメ

 

1位:プラズマ®1000ダウンジャケット

 

モンベル1

 

圧倒的にコレがオススメです。

 

着た感じもかなり軽く、重量も130g。

 

スタッフバッグにしまった時の大きさも10×14cmとかなり小さくなります。

 

中間着としては十分な保温力をもっている思いますので、

 

25,400円という価格が気にならない方は満足されるかと思います。

 

2位:EXライトダウンシリーズ

 

こちらも超軽量で、重さはジャケットタイプで149g。

 

スタッフバッグに収納した時の大きさも10×15cmと手のひらサイズに収まります。

 

値段も18,800円とプラズマ®1000ジャケットより6,000円ほど安く、

 

着た感じの暖かさは変わりませんので、19gの差より価格をとりたいという方にオススメです。

 

3位:U.Lダウンシリーズ

 

3番目に軽い商品がコレです。

 

重量175g、スタッフバッグへの収納サイズも10×15cmといった具合。

 

お値段は、12,000円。

 

フロント部分もジッパーではなく、ボタン式なので、

 

このダウンの上にアウターを着た際もゴワつきにくくていいかと思います。

 

ただ、ボタンを付け外しするのが面倒…。

 

その点以外は、価格・軽量性・保温力とも申し分なしです。

 

保温力でオススメ

 

1位:パーマフロスト ダウンパーカ

 

モンベル2

 

ウィンドストッパー®・800フィルパワー・ボックスコントラクションという3つの性能が揃ったこのダウン。

 

暖かさで言えば、最強クラスだと思います。

 

着た感じのモコモコ感もほかとは一線を画していますので保温力抜群です。

 

2位:パーマフロスト ライトダウンパーカ

 

こちらも、ウィンドストッパー®・800フィルパワー・ボックスコントラクションという3つの性能持ち。

 

モコモコ感はパーマフロスト ダウンパーカに劣るものの、普段使いには十分すぎるほどの暖かさを提供してくれると思います。

 

3位:EXライトアルパイン ダウンジャケット

 

アルパインダウンジャケットと悩みましたが、こちらの方が軽くて温かいので、ランクイン。

 

冬季登山のビバークなどの場面でも十分活躍できる軽量性と保温力をもっていると思います。

 

デザインでオススメ

 

1位:パーマフロスト ライトダウンパーカ

 

 

これは本当にかっこいいです。

 

特にブラックとインクブルーのカラーがカッコイイのですが、

 

店員さんに聞いてみると、全店品切れ。

 

現在在庫があるのは、フラッシュグリーンとレッドブリックとのことでした。

 

発色といい、質感といい、普通のダウンとは違った感じでデザイン良しです。

 

2位:ライトアルパインダウンシリーズ

 

このシリーズの中でも、パーカタイプの発色が良かったです。

 

中でもプライマリーブルーはオススメ。

 

あまり悪目立ちせず、しかし差し色になるカッコイイ青色です。

 

ダウンにありがちな光沢感も抑えられていて、パーマフロストライトダウンまではいきませんが、

 

2位にランクインです。

 

3位:アルパインダウンジャケット&パーカ

 

オーソドックスなダウンのデザイン。

 

程よい質感とダウンの発色。

 

中でもダークマラード色なんかは、なかなか良い色だと思いました。

 

フツーの見た目で高機能なダウンジャケットを求めている方にオススメです。

 

おわりに

 

TPP3

 

モンベルの数あるダウンジャケットを着てみたレビューを記しましたが、いかがでしょうか。

 

ダウンジャケットを買いたい!と悩んでる方のお役に立てれば幸いです。

 

個人的に1位のダウンは「パーマフロスト ライトダウンパーカ」です。

 

インクブルーの在庫があれば、即買いしていました。フラッシュグリーンでも良いのですが、少々悩み中…

 

欲しいものは尽きないものですね…

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ではでは、今回はこのへんで!

〈スポンサードリンク〉
PREV:妖怪ウォッチの2016年賀状!テンプレート配布サイトおすすめ4選!
NEXT:ネットフリックスでコレは見よう!時代劇映画のオススメタイトル4選!
モンベルのワオナブーツの口コミレビュー評価まとめ!評判やいかに?

モンベルのワオナブーツの口コミレビュー評価まとめ!評判やいかに?

アウトドアでよく聞くレイヤリングとは?その意味を分かりやすく!

アウトドアでよく聞くレイヤリングとは?その意味を分かりやすく!

モンベルのワオナブーツの口コミレビュー評価まとめ!評判やいかに?

モンベルのワオナブーツの口コミレビュー評価まとめ!評判やいかに?

筑波山を11月12月登山する際、初心者が気をつける4つのコト! 

筑波山を11月12月登山する際、初心者が気をつける4つのコト! 

コロンビアのアウトレットでブーツやダウンを!関東の安い店舗まとめ!

コロンビアのアウトレットでブーツやダウンを!関東の安い店舗まとめ!

パタゴニアのアウトレット!東京都内や千葉など関東の安い店舗まとめ!

パタゴニアのアウトレット!東京都内や千葉など関東の安い店舗まとめ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です